生命保険の見積もり

生命保険の見積もり

生命保険の見積もりをおすすめする理由

生命保険の見積もりをし直す一番のメリットは、家族の状態に合わせて要らない保険、古く現状にあっていない保険を見直すことにより保険料を安く抑えられる事です。

昭和の時代には高金利の商品もあったので、今までは見直しというと損をしてしまうことも多かったのですがバブル時代に契約した保険も軒並み配当が下がっており、利益の確約でもない限りは保険料が下がった分、保持していると損になる場合も多くなります。

死亡率が減り、寿命が伸びている中での生命保険

生命保険は事故や病気での死亡率や疾病率、入院期間によって算定されています。ということは、交通事故の件数も激減し、病気でも入院日数が短縮されている現代では保険料も下がっているはずです。その中で古い保険を持ち続けることは得策ではありません。昔は積立貯金と言う意味もありましたが今ではほぼ金利は付きません。

見直しは無料で行なえますし、今やネットだけで完結するのでわざわざ保険販売員を呼び出すこともありません。ネットで経験豊富なフィナンシャルプランナーに相談し、必要な生命保険金をはじき出してもらい現状の保険と見比べてみましょう。

終身保険や生命保険の見積もりは、ネットで簡単に行なえます。「保険 シミュレーション」「保険 見積もり」などと検索してみて下さい。各社、年齢や家族構成などを入れるだけで必要な保険料と医療費プランを見積もってくれます。

希望であればカタログや詳しい説明書もワンクリックで送ってくれ、面倒な営業もありません。

お子様が小さいうちは「万が一の為に保険料を3000万は確保したい」などあったと思いますが、積立式の生命保険で3000万の保険料を支払うということは、結構な金額になってしまいます。

家族の状況に合わせた最適な保険を組み立てる

一番お金の余裕がある3-40代には、お子様も小さいですし高額な保険に入りたいと思うかもしれませんが、いくら積立保険であっても、それは下ろせない高額な積立貯金をするようなものです。

誰もが将来に不安を感じている今、すぐに使えないお金は作るべきではありません。中途半端に解約してしまうほど損をします。30-50代のご家庭ではお子様の大学費用、ご結婚、家の改築費用など大きい出費が大きくなります。一番お金が必要な時に直ぐ使える貯金がないと大変不便です。

70歳くらいになって体が動かなくなっているのにお金が下りても、それはあなたの人生では使い切れないのではないでしょうか。 楽しい老後を過ごしたいと思っても、そこからまた保険に入る事は難しくなります。その点、掛け捨てのほうが融通がきく場合が多いのです。

とにかく実際に数字を見てみないとわからないことですので、お気軽にネットで保険見直しの見積りを出してみてはいかがでしょうか?